宝飾デザイナーであったスタンレー・ハグラー(STANLEY HAGLER)は、1940年代にミリアム・ハスケルの工房で働いた後に独立、1953年に自身のブランドを立ち上げ、ニューヨーク市にStanley Hagler社を設立しました。

ミリアム・ハスケル社のデザイナーとしてかつて活躍した彼の作品は流石、全て手作業で複雑な作り。ラインストーンは全て爪留め、一つ一つ丁寧にワイヤー刺繍が施され、カラフルで個性的且つダイナミックなデザインは人々を圧倒し、「ジュエリー界のピカソ」の異名を持つほどまで成功をおさめました。

珊瑚や半貴石、イタリア・ムラーノ島のムラーノガラス、スワロフスキーなど、世界各地から取り寄せるなど素材にもこだわり、まさに芸術品と呼ぶにふさわしいジュエリーやその他装飾品を製作しました。
1968年から、スワロフスキー・デザインアワードを何度も受賞するなど、メディアでも多く功績を残しています。

会社はそれまで一人で運営していましたが、1979年、後に右腕として活躍したマーク・マーシー(Mark Mercy)が入社。叔父を通じてスタンレーと出会ったマークは、ニューヨークのスタジオで、ハグラーの下で数年間技術を学んだ後、その才能を発揮し自身のデザインを製作し始めます。
ハグラー社では初めてテーマに基づいた作品(クリスマスリース、樹木、蝶、ワイルドフラワーバスケット、ブーケ)など、そまでとはまた違った別の作風を世に送り出しました。これらの作品は、おそらく一番高価に取引されているものになります。

1983年に同社は南フロリダ州に移転、それまでの刻印「STANLEY HAGLER」から「STANLEY HAGLER N.Y.C.」へと変更になります。しかし移転直後から、ハグラーが病気を抱えるようになってしまった為、その頃はマーシーがほとんど一人で会社を運営しなければなりませんでした。
ハグラーは将来を見据え、マーシーにそれまでの従業員としてではなくパートナーとしての契約を提案をし、病気が悪化するまでの間、共に素晴らしい作品を製作し続けました。

1989年には、3人目のハグラーデザイナーとして活躍したIan St. Gielarが 入社、そこからまた数多くの素晴らしいデザインが手がけられています。
1996年スタンレー死去。2007年イアン死去。会社は現在、マークにより存続されています。

STANLEY HAGLER (スタンレー ハグラー)

4商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
4商品 1-4表示
  • <
  • 1
  • >
4商品 1-4表示
  • < Prev
  • Next >