SWOBODA(スワボダ)☆青い天然石フラワー 紫陽花のヴィンテージ・ブローチ

J-B1137

0円

在庫状況 在庫0個 売切れ中

SWOBODA(スワボダ)の、青い天然石フラワー紫陽花のヴィンテージ・ブローチです。

上質なゴールドトーンのメタル製で、葉はフォレストグリーンのヒスイで上品に模られ、あじさいのお花には丸くカットされたブルートーンの天然石(ブルーオパール、アマゾナイト等 だと思います)が施されています。

涼しげなブルートーンでまとめられた天然石が、紫陽花の花を想わせます。

艶々で美しい天然石に見事惹き込まれる、清楚で美しいお花のブローチです。


ブランド:   SWOBODA(スワボダ)
サイズ約:   一番長いところ 縦4.8cm x 横3.2cm
材質:     ゴールドトーン・メタル、翡翠(ヒスイ)、ブルーオパール、アマゾナイト等(アンティークショップ情報)
刻印:     ©SWO,INC


【コンディション】VERY GOOD - EXCELLENT
ゴールドトーンに極極小の剥げ(ぱっと見た限りでは全く分からない程度のもの)がみられます。
天然石にはまだ艶もあり、全体的にとても美しいコンディションです。

*ヴィンテージ品につき、極小のスレキズ、また天然素材もとからの傷など、状態の良いお品でも少なからずとも僅かにはございます。目立つものや、ダメージと判断するものには注意を払い記載いたします。



Swoboda Jewelry
1956年にアメリカのロサンゼルスで、エドワード・スワボダ(Edward Swoboda)によって設立されました。
SWOBODAは、ジェイドやターコイズ、ガーネットや真珠など、半貴石を使用した良質なジュエリーメーカーとして知られていますが、またその一つ一つが手作業で仕上げられていることでも有名です。

当時、旅行好きだったスワボダは、南アメリカを度々訪れては、新しい作品の為のジェムストーン(主に半貴石)を集めました。
カットして磨いただけの、天然の石や真珠を使用した個性的で美しいジュエリーは、ファッション界で瞬く間に注目を集め、後ハリウッドで伝説になるまで発展しました。 1966年以前の作品にはタグが使用され、刻印はありません。

スワボダは1979年で退職、その後は1957年からスワボダの右腕として活躍したNathan Waxmanにより引き継がれ、1985年まで会社は継続されました。