SCHIAPARELLI(スキャパレリ)☆ディープピンク・オーロラ・ラインストーン えんどう豆のヴィンテージ・ブローチ

J-B1501

0円

在庫状況 在庫0個 売切れ中

SCHIAPARELLI(スキャパレリ)の、ディープピンク・オーロラカラーのラインストーンがフェミニンゴージャスな、えんどう豆のヴィンテージ・ブローチです。

アンティーク・ゴールドトーンのメタル素材で、細かく模られたサヤエンドウのヘタにはグリーンのラインストーン、全体にディープピンク・オーロラ色のラインストーンが隅々までぎっしりと敷き詰められ、中のエンドウ豆にはシルバー色に近いフェイクパールが丁寧に施されています。

WEISS製エンドウ豆デザインのものと大変よく似ており、刻印がない為どちらとも呼ばれることがあるようですが、実際はElsa Schiaparelli(エルザ・スキャパレリ)によるものだといわれています。
こちらのデザインのものには全てブローチ自体に刻印はなく、当時はオリジナルのペーパータグがつけられていたようです。

本物によく似せて製作された、重厚で良い作りの、ゴージャスで何とも美しいエンドウ豆!
ディープピンクのオーロラカラーですが、煌びやかな色めのわりに派手さはさほど感じられず、アンティーク調のメタルと調和しシックな印象です。

私はこれに間違いなく一目惚れ、フェミニンで大変素敵なエンドウ豆のブローチです。


ブランド:   SCHIAPARELLI(スキャパレリ)
サイズ:    一番長いところ約 縦長さ7cm x 幅1.5cm
材質:     アンティーク・ゴールドトーンメタル、ラインストーン、人工パール
刻印:     なし


【コンディション】EXCELLENT
メタルに経年上の自然な黒ずみがうっすらと感じられます。そのシャビー感が、元々のアンティーク調メタル素材と調和し更に良い雰囲気をかもし出しています。
ラインストーンも綺麗に隅々まで抜け目なく揃っており、目立つような傷みなく、とても美しいコンディションです。

※ヴィンテージ品につき、経年上の極小のスレキズ、汚れ、状態の良いお品でも少なからずとも僅かにはございます。
新品とは異なりますことをご理解ください。


Elsa Schiaparelli(エルザ・スキャパレリ) 1890年9月10日 - 1973年11月13日
1930~1940年代に最も精力的に創作活動を行ない活躍した、イタリア・ローマ生まれの女性ファッション・デザイナーで、スキャパレリの創始者。
知名度は低かったものの、ココ・シャネルがライバル視した唯一のクチュリエールで、当時は二人の仲についても様々なゴシップが流れました。

この当時大流行したココ・シャネルに代表される男性風のデザインやモノトーンの色彩は好まず、エルザ・スキャパレリの手がけるデザインは対照的で、ウエストを強調するデザインやショッキング・ピンクとなどの派手な色合いを提案し、ハリウッド映画の服飾デザインも多く手がけました。

シャネルとエルザの二人のファッション抗争は、ヨーロッパでもアメリカでもエルザがシャネルに勝利、それに疲れたシャネルは、第二次世界大戦を機にファッション業界を引退し、香水事業だけで生計を立てることにしたといわれています。
一方、エルザも戦争後はメゾンを再開するもうまくいかず、1954年のコレクションを最後にメゾンを閉鎖しました。

彼女のメゾンで修行した世界的な有名なファッションデザイナーに、ピエール・カルダン、ユベール・ジバンシィなどがいます。



WEISS(ワイス)
WEISSジュエリーは、1942年にかつて初期のCoroで働いていたアルバート・ワイス(Albert Weiss)によりニューヨークで設立されました。
美しく優れたオーストリアのラインストーンなどを使用するなど、クオリティの高い製品を手がけ、1950年代〜1960年代頃には全盛期をむかえます。
アルバートの退職後は息子のマイケルが引き継ぎますが、後1970年代はじめには閉鎖となりました。