SWOBODA(スワボダ)☆ ラブバード お花の上でキスをする2羽の小鳥と天然石アベンチュリンのヴィンテージ・ブローチ【デッドストック】

J-B2180

0円

希望価格 11,000円

在庫状況 在庫0個 売切れ中

SWOBODA(スワボダ)のラブバード、お花の上でキスをする2羽の小鳥と天然石アベンチュリンのヴィンテージ・ブローチ【デッドストック】です。

ゴールドトーンのメタル製で、全てはハンドセットで、透かし細工でお花枠が模られ、中心にやさしい蓬グリーンのアベンチュリン天然石がひとつ、その上部には赤系と青系のハンドペイントで色づけされた2羽の小鳥が施されています。

ほっこり可愛らしいオリジナル・レアデザインのSWOBODA。

シンプルに美しい小鳥のブローチです。


ブランド:   SWOBODA(スワボダ)
サイズ:    約 横5.3cm x 縦4.5cm
材質:     ゴールドトーンメタル、アベンチュリン
刻印:     #169;SWO


【コンディション】VERY GOOD - EXCELLENT
メタルに一部変色(黒ずみ)がみられます。
こちらはSWOBODAの製造元からお取り寄せした、オールドストックの未使用品です。
目立つような傷みなく、全体的には美しいコンディションです。


*ヴィンテージ品につき、経年上の極小のスレキズ・汚れ、また天然素材もとからの傷など、状態の良いお品でも僅かにはございます。
目立つものや、ダメージと判断するものには注意を払い、記載いたします。


Swoboda Jewelry
1956年にアメリカのロサンゼルスで、エドワード・スワボダ(Edward Swoboda - 2013年に95歳で死去)によって設立されました。
SWOBODAは、ジェイドやターコイズ、ガーネットや真珠など、半貴石を使用した良質なジュエリーメーカーとして知られていますが、またその一つ一つが手作業で仕上げられていることでも有名です。

当時、旅行好きだったスワボダは、南アメリカを度々訪れては、新しい作品の為のジェムストーン(主に半貴石)を集めました。
カットして磨いただけの、天然の石や真珠を使用した個性的で美しいジュエリーは、ファッション界で瞬く間に注目を集め、後ハリウッドで伝説になるまで発展しました。 1966年以前の作品にはタグが使用され、刻印はありません。

スワボダジュエリーは、設立者のエドワード・スワボダが退職し1979年で幕を閉じますが、1963年以降スワボダの右腕として活躍したNathan Waxman氏へと受け継がれ、新たに生まれ変わりました。


【Nate Waxman】
1957年の卒業後、SWOBODAに入社。1963年以降、SWOBODAの右腕として活躍したシェフデザイナーで、ブランドの発展に大きく貢献しました。
SWOBODA氏が95歳で死去した後も、美しいジュエリーの製作を続けられています。