会員専用ページ┃ログイン

北アメリカより、ヴィンテージ&アンティークのコレクティブル・ジュエリーをお届けしています。
1940年〜1980年代頃のユニークで希少価値の高いブローチ、ヴィンテージのコスチュームジュエリーを、店主が時間をかけて丁寧にセレクトし、ご案内させて頂きます。


当店を旅立ったお品物たちの一部をご紹介しています。

メールマガジン

不定期気まぐれ配信ですが、お得なセールや人気商品・まとめて新商品UPの時などにご案内を送らせて頂きます。
日々の新着商品は、Twitterを中心にご案内をさせて頂いております。

2018年5月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2018年6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

色の日は、発送定休日です。
●ご注文は年中無休で承っております。

@antiquevoyage
rss atom
ホーム
ホーム 王冠ロイヤルティのモチーフ
ホーム メーカーから選ぶ TRIFARI(トリファリ)
《送料無料》TRIFARI(トリファリ)☆エメラルド王冠のアンティーク・ブローチ【大】
TRIFARI(トリファリ)社の最も有名な王冠シリーズ、1940年代アルフレッド・フィリップ氏デザインによるキングクラウン、ゴージャスな王冠のアンティーク・ブローチです。

1988年に復刻版も作られていますが、シリーズのオリジナルは1940年代に(下参照:1944年のキング&クィーン・クラウン)、アルフレッド・フィリップ(Alfred Philippe)氏によってデザイン・特許取得されたもので、発売以後形を変えずに、3種のサイズ・2種のメタル素材・ストーンのお色違いで製造販売されました。

こちらのブローチは1940年代製のオリジナル、シリーズの中でも高額に取引されている、大きなサイズの王冠になります。
裏側には「Des.Pat.No.137542」の刻印が確認出来ます。

重厚で良い作りの(Trifanium)ゴールドトーンのメタル素材で、細かく模られた王冠には、エメラルドグリーンの大きな2つのオーバルカボション、上部にブルーの小さなオーバルカボションと、他大きさ異なる4色(グリーン・レッド・ブルー・クリア)のラインストーンが施されています。

*Trifanium:トリファリが開発した独自のメッキ技術で、経年を経てメッキが"剥がれる"ものに比べ、Trifaniumはゴールドが薄れるような感じで、自然な美しさが保たれています。


このブローチの素晴らしさは、お写真では伝えきれません!
70年以上もの時を経てもいまだ輝きを放ち、クオリティの高さが伺える、貫禄のある大変美しいブローチです。

「Brunialti's American Costume Jewelry」のコレクター本では、136ページに初期デザインの王冠ブローチが紹介されています。発売当時、テレビや雑誌など様々なメディアでも紹介され、一躍人気を集めました。




ブランド:  Trifari(トリファリ)
サイズ:   一番長いところ約 横4.8cm x 縦4.5cm
材質:    ゴールドトーン・メタル、ルーサイトカボション、ラインストーン
刻印:    クラウンマーク+TRIFARI, Des.Pat.No. 137542


【コンディション】VERY GOOD - EXCELLENT
下ブルーのラインストーン・一番右側の1箇所が、他のお色に比べてやや薄く(明るく)、おそらく経年過程で取り替えられたものだと思います。又、小さなクリアのラインストーンに、一部くすみや曇りがみられるところがございます。

70年以上もの長い年月を重ねてきたお品としましては、特に大きな傷みなく、全体的にとても美しいコンディションが保たれています。

上記コンディションより、お値段を出来る限りお下げしご案内させて頂きます。








TRIFARI(トリファリ)
アメリカのコスチューム・ジュエリー界で最高峰とされるブランドTRIFARIは、1910年にイタリア・ナポリ出身の移民者Gustavo Trifari とその叔父により「Trifari and Trifari社」として 創立されました。
TRIFARIが大きく注目されるようになったのは、1930年にアルフレッド・フィリップ(Alfred Philippe)がデザインを手がけるようになってからといえます。
ブロードウェイやハリウッド映画界などへも多く製作を手がけ、1950年代には当時の大統領アイゼンハワー大統領の夫人が愛用したことでも有名になりました。
1952年Trifariが死去、1975年までは彼の息子らによって継続されるも、 HallmarkやCrystal Brandsなどを経て1994年にはMonetグループに買収されました。