SWOBODA(スワボダ)☆ブルートパーズ、シトリン、サファイア 天然石フラワーリースのヴィンテージ・ブローチ【デッドストック】

J-B2445

0円

希望価格 16,800円

在庫状況 在庫0個 売切れ中

SWOBODA(スワボダ)の、ブルートパーズ、シトリン、サファイア、3種の天然石でデザインされた、フラワーリースのヴィンテージ・ブローチ【デッドストック】です。

24金メッキ・メタル素材で、細かく模られたフラワーリースのお花には、全てはハンドセットで、花びらにブルートパーズとシトリンが交互に施され、中央にはファセットカットの小さなサファイアがあしらわれています。

使い勝手の良い小ぶりのサイズ。

エレガントで可愛らしい天然石フラワーリースのブローチです。


ブランド:   SWOBODA(スワボダ)
サイズ:    直径約 3.5cm
重量:     9g
材質:     24金メッキ、ブルートパーズ、シトリン、サファイア
刻印:     Swoboda© 


【コンディション】EXCELLENT
SWOBODAオフィスよりお取り寄せした、オールドストックの未使用品です。
目立つような傷みなどなく、未使用品なりの美しいコンディションです。

*ヴィンテージ品につき、経年上の極小のスレキズ・汚れ、また天然素材もとからの傷など、状態の良いお品でも少なからずとも僅かにはございます。
新品とは異なりますことをご理解ください。
上記いずれも目立つものや、ダメージと判断するものには注意を払い、出来る限り記載いたします。


Swoboda Jewelry
1956年にアメリカのロサンゼルスで、エドワード・スワボダ(Edward Swoboda - 2013年に95歳で死去)によって設立されました。
SWOBODAは、ジェイドやターコイズ、ガーネットや真珠など、半貴石を使用した良質なジュエリーメーカーとして知られていますが、またその一つ一つが手作業で仕上げられていることでも有名です。

当時、旅行好きだったスワボダは、南アメリカを度々訪れては、新しい作品の為のジェムストーン(主に半貴石)を集めました。
カットして磨いただけの、天然の石や真珠を使用した個性的で美しいジュエリーは、ファッション界で瞬く間に注目を集め、後ハリウッドで伝説になるまで発展しました。 1966年以前の作品にはタグが使用され、刻印はありません。

スワボダジュエリーは、設立者のエドワード・スワボダが退職し1979年で幕を閉じますが、1963年以降スワボダの右腕として活躍したNathan Waxman氏へと受け継がれ、新たに生まれ変わりました。


【Nathan/Nate Waxman】
1957年の卒業後、SWOBODAに入社。1963年以降、SWOBODAの右腕として活躍したシェフデザイナーで、ブランドの発展に大きく貢献しました。
SWOBODA氏が95歳で死去した後も、美しいジュエリーの製作を続けられています。